組織概要

沿 革

 教養教育関係の組織の沿革について

1997.4月 教養部廃止(1997.3月)に伴い、学内措置として「大学教育研究センター」を設置。教育部と研究部が置かれる。これ以降、6年間、教育部は教養教育実施における実質的な責任母体として機能し、研究部は教養教育を含む大学教育の調査研究を実施した。
2003.4月 学内改組により、大学教育センターの研究部の役目を引き継ぐ形で、「大学教育機能開発総合研究センター」を省令施設として設置。教育部の機能は、「教養教育実施機構」に引き継がれた。
2011.8月 教養教育実施機構を、学部を中心に教養教育を運営実施する組織として「教養教育機構」に改編した。
2016.6月 大学教育機能開発総合研究センター及び教養教育機構を廃止し、「大学教育統括管理運営機構」を設置した。
2019.1月 大学教育統括管理運営機構に附属する教育施設として、「数理科学総合教育センター」を設置した。
2019.4月 学内改組により、さらなるグローバル化促進のため、「グローバル教育カレッジ」を大学教育統括管理運営機構に附属する教育施設として設置した。
2020.4月 「附属グローバル教育カレッジ」を発展的に解消し、新たに「附属多言語文化総合教育センター」を設置した。
Page Top