活動

入試戦略室

現在、来たるべき入試改革に対して、熊本大学の将来を考えながら、新しい入試の在り方について研究開発を行っています。
グローバルリーダーコース(GLC)入試 
 熊本大学では、平成29年度から文学部、法学部、理学部および工学部の各学部にグローバルリーダーコースを設置し、4学部協働のAO入試を実施しています。
  この入試では、確かな基礎学力に加えて、英語の基本的な運用力、論理展開力、表現力、課題解決能力、コミュニケーション能力などを多面的・総合的に評価します。

「はばたけ、熊本サイエンスガールズ! Girls, Enjoy Science!」の実施 
女子中高生の
本事業は、国立大学法人熊本大学と熊本高等専門学校(熊本高専)が共同で行う女子中高生の理系進路選択支援プログラムです。
 平成29年度より2年間、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が行う「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」に採択され、様々なイベントや講演会を企画・実施しています。

大学案内(デジタルパンフレット) 
熊本大学では、受験性の皆さんにより詳しい情報を提供するために 熊本大学案内(がんばれ受験生)を発行しています。

教育プログラム管理室

2018年度から導入する「教養教育のパッケージ制」の円滑な実施をはじめ、教養教育の質の保証と高度化に向けて活動をしています。
3つのポリシー(DP,CP,AP)の策定 
卒業認定・学位授与の方針(DP:ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(CP:カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(AP:アドミッション・ポリシー)を定めています。

3つのポリシー

教養教育におけるパッケージ制の導入 
FD教養教育の質の保証、体系的な学び、授業科目のスリム化及び高度化の観点から、平成30年度より、新たな教育システム「教養教育のパッケージ制」を導入します。

教養教育実施要綱
熊本大学における科目パッケージ制
教養教育パッケージ科目一覧(平成30年度)



"熊大通信68号(2018年4月発行)に、パッケージ制に係る川越准教授のインタビュー記事が
   掲載されました。

評価分析室

現在、授業改善アンケートのデータ分析や意見箱に届けられた意見の集約のほか、成績評価の厳格化やアクティブラーニング型授業の拡大・推進に向けたFD等の企画・立案を行っています。
「授業改善のためのアンケート」によるFD活動  
FD 授業改善のためのアンケートについては、学生の視点から授業改善に役立てることを目的に、FD活動の一環として実施しています。
平成29年度より本格導入したクォーター制下でのターム科目実施に当たり、前年度に実施したアンケート結果を基に、ターム科目として開講する際の留意点をまとめ、授業改善につなげています。
また、平成29年度より、従来のマークシートによる回答方式を取りやめ、スマートフォンやタブレット端末等からアクセスが可能なWeb回答方式に移行し、集計時間の大幅短縮や学生・教職員の負担軽減の観点からも、新たな取り組みを初めています。

FD実施報告書(2016)
FD実施報告書(2015)
FD実施報告書(2014)
過去のFD実施報告書はこちら       ※報告書は学内のみ閲覧可能です

TA(ティーチング・アシスタント)について
TAは学生であると同時に教育の一端を担っており、熊本大学の教育スタッフの一員(教育補助者)です。それはすなわち、熊本大学の教育改善、授業改善への貢献を求められる存在です。TAとして、仕事の内容や心得などについてよく認識してください。


 TAに関するお問い合わせ
 学生支援部 教育支援課 学務企画チーム 教育評価担当  
 TEL: 096-342-2755

Page Top