活動

3つのポリシー(DP,CP,AP)の策定

        

卒業認定・学位授与の方針(DP:ディプロマ・ポリシー)、教育課程編成・実施の方針(CP:カリキュラム・ポリシー)、入学者受入れの方針(AP:アドミッション・ポリシー)を定めています。
3つのポリシー

「熊本大学修学支援の指針」の策定

熊本大学は、豊かな教養と確かな専門性を持ち、創造的知性と実践力を兼ね備え、かつ、グローバルな視野を持った人材の育成に資するため、「熊本大学修学支援の指針」を定めています。


「授業改善のためのアンケート」によるFD活動

FD

授業改善のためのアンケートについては、学生の視点から授業改善に役立てることを目的に、FD活動の一環として実施しています。

平成29年度より本格導入したクォーター制下でのターム科目実施に当たり、前年度に実施したアンケート結果を基に、ターム科目として開講する際の留意点をまとめ、授業改善につなげています。

また、平成29年度より、従来のマークシートによる回答方式を取りやめ、スマートフォンやタブレット端末等からアクセスが可能なWeb回答方式に移行し、集計時間の大幅短縮や学生・教職員の負担軽減の観点からも、新たな取り組みを初めています。

FD実施報告書(2015)
FD実施報告書(2014)
FD実施報告書(2013)       ※報告書は学内のみ閲覧可能です

教養教育におけるパッケージ制の導入

教養教育の質の保証、体系的な学び、授業科目のスリム化及び高度化の観点から、新たな教育システム「教養教育のパッケージ制」の導入に向けた改革を行っています。

教養教育実施要綱


「はばたけ、熊本サイエンスガールズ! Girls, Enjoy Science!」の実施 女子中高生の

本事業は、国立大学法人熊本大学と熊本高等専門学校(熊本高専)が共同で行う女子中高生の理系進路選択支援プログラムです。
 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)が行う平成29年度「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」に採択され、様々なイベントや講演会を企画・実施しています。


「Kumamoto University Career Development Program - 熊本のIoT企業から全国への展開 -」の実施 CDP

本事業は、日本での就職を希望する留学生を国内(特に熊本県内)で就職できる人材に育成し、国内定着を図ることを目的として、文部科学省「留学生就職促進プログラム」に採択されました。
 平成29年度から最大5年間実施するもので、熊本県内の産学官の新しい連携を契機とし、留学生の活躍による熊本県の活性化、県内企業の海外展開の促進等の産業振興が期待されています。

 
Page Top